MPLS QoS: DiffServ トンネリングモード

スポンサーリンク
Adsense

概要

MPLSネットワークを経由する通信の両端でのQoSの適用方法。デフォルト動作の他に3つのモデルがある

各モデル

デフォルトの動作

  • カスタマーサイトでIPパケットに付加されたDSCPはそのままで、MPLS網を通過できる。
  • MPLS網に入る際にIngress PEでDSCP→MPLS EXPへのコピーが行われる
  • 網内でのPHBの際に、MPLS EXPがそのままコピーされる
  • MPLS網から出ていく際、MPLS EXPはIPパケットにコピーされず、カスタマーサイトで付加されたものがそのまま出てくる。

Pipe Mode

  • カスタマーサイトでIPパケットに付加されたDSCPはそのままで、MPLS網を通過できる。そのため、MPLSコアはカスタマーのQoSとは無関係にQoSを定義できる。
  • MPLS EXPとDSCPの値は異なる。
  • Egress PEは MPLS EXPに基づいて出力キューの振り分け を行う

Short Pipe Mode

  • カスタマーサイトでIPパケットに付加されたDSCPはそのままで、MPLS網を通過できる。そのため、MPLSコアはカスタマーのQoSとは無関係にQoSを定義できる。
  • MPLS EXPとDSCPの値は異なる。
  • Egress PEは IPパケットに設定されたDSCPに基づいて出力キューの振り分け を行う

Uniform Mode

  • カスタマーサイトでIPパケットに付加されたDSCPをMPLS EXPにコピーする
  • MPLSコアでMPLS EXPが変更されると最終的に現れるIPパケットのDSCPにもコピーされる

参考資料

このドキュメントでは、マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ベースのネットワーク環境で使用可能な差別化サービス(DiffServ)トンネリング モードの実装について説明します。
スポンサーリンク
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする