LISP: Proxy xTR

スポンサーリンク
Adsense

概要

  • LISPが有効になっていないサイトをLISPが有効になっているxTRが代理で処理する機能。Proxy ARPみたいな感じ。
  • ざっくり例でいうと「IPv4でRLOCを有効にしたxTRがデュアルスタックでIPv6も有効になっているときに、IPv6のEIDにもProxy xTRによってLISP転送できる」ということ。
  • ITR機能をProxyするものを「Proxy ITR(PITR)」、ETR機能をProxyするものを「Proxy ETR(PETR)」と呼ぶ

参考資料

IP Routing: LISP Configuration Guide, Cisco IOS XE Release 3S -Locator ID Separation Protocol (LISP) Overview
スポンサーリンク
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする