IOS-XRでのL2VPN設定の考え方

スポンサーリンク

やっと階層の意味が見えたので、忘れないうちにメモ。
IOS-XRでのpoint-to-point L2VPNの設定は以下の流れと階層で定義していく。

  • Access Circuitとなるインターフェースには l2transport を設定する
  • l2vpnコンフィグレーションに入る
    • pseudowire-class(pw-class)で仮想回線のパラメータを定義
    • クロスコネクトする両端をxconnect groupで定義
      • クロスコネクトのモードと名前を設定
        • ローカル側のインターフェース(=l2transport を設定したインターフェース)を指定
        • 対向PEを neighbor で指定

実際の設定例は以下のような感じ。

interface GigabitEthernet0/0/0/1
 l2transport
 !
!
l2vpn
 pw-class R2XR1
  encapsulation mpls
  !
 !
 xconnect group GROUP1
  p2p R2XR1
   interface GigabitEthernet0/0/0/1
   neighbor ipv4 2.2.2.2 pw-id 219
    pw-class R2XR1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする