骨髄バンク – 適合通知連絡を受けてから

スポンサーリンク

メモ残しとこ。

2019/06/11

15:08 見知らぬフリーダイヤルから着信。何も思わず出ると「骨髄バンク コーディネータ」さんとおっしゃる。
聞けば「あなたの登録されている型がマッチした。ついては書類を送付するので、内容確認の上返送をお願いしたい」とのこと。

愛想よく「はい、いいですよ。わかりましたー。」と電話を切ったが、正直言うと一気に鼓動が速くなった。

「骨髄バンク登録して半年も経ってないよ?そんなもん?」
「俺が誰かの命を繋ぐ役目を果たせるの?」

いろいろ考えたけど、まずは書類が来てからと割り切ってお仕事進める。とりあえず明日から出張でその間に届くはずだから、帰ったら即開封、記入、返送かな。

2019/06/15

書類届いてた。早速カキカキ

2019/06/17

ポストに投函。

2019/06/19

書類が届いたそうで、健康面の確認電話あり。昨日成分献血行ってしまったので、2週間は開けて確認検査になるそうな。

2019/06/20

コーディネート担当さんから電話。健康面の確認やらいろいろお話したけど、特に気になることはなく確認検査の日程調整。
しかし全身麻酔するから家族の同意をしっかりとってね、っていうのはあんまり気にしてなかったな。もっかいちゃんと話ししとこう。

2019/07/04

確認検査のために病院へ。
基本的にハンドブックに従っての説明を受けるのと、健康状態などの問診。そこで特に問題がなく確認検査の同意が済んだら

  • 身長
  • 体重
  • 体温
  • 血圧
  • 脈拍
  • 血中酸素濃度(SpO2)

のチェック。そこから医師の問診。ここでも問題がなかったので、検査用の採血。
全血取るの久しぶりだった。

今回の血液検査の結果が週明けには出るので、そのときに再度連絡するとのことでこの日は終わり。大体2時間少し。

2019/07/09

夕方にコーディネーターさんから電話あり。

「血液検査の結果に問題がなかったので、ドナー候補者として進んでいくことになる。あとは患者さん側からドナーとして選ばれるかどうかによる」とのことだった。

さて、選ばれるのかどうか。

2019/07/26

仕事で出張中にコーディネーターさんから留守電。ドナーとして選ばれたとのこと。
時期的な問題もあるので早めに最終同意面談をしたいとのこと。

わーお

携帯のショートメール(SMS)では詳細は伝えられないので、改めて電話で話がしたいと言われたので明日に。

選ばれる率ってそんなに高くないって話じゃなかったのか…?

2019/07/29

文書が来てた。後は自分の予定と会社の予定、何より自分の体調管理が重要だな。


※ドナーが特定されるような情報は上げてはいけない決まりなので、これ以降は日付は載せません。

ドナーのためのハンドブック より

提供に関することをインターネット(ブログやソーシャルネットワークサービスなど)や会報誌、新聞への投稿など不特定多数の人の目に触れる媒体で紹介するときは、提供日時・場所など、お互いが特定される可能性のある情報は公表しないでください(写真・動画のほか、患者からの手紙の内容も含みます)。
報道機関などの取材を受ける場合は事前に地区事務局にご相談ください。
周囲の方(ご家族や職場の方)に話すことは差し支えありません。


術前検診

特に問題は見当たらないので予定通り実施ということで確定。

入院1日目

さてさて、ついに入院当日。生まれてはじめての入院なので緊張半分楽しみ半分。

手術中の様子を撮影してもらうことはだめだとのことで、ちょっと残念。一生に最大2回しかできないことだから記録が欲しかったんだけどなぁ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする